2017年10月21日土曜日

ナラタージュ


☆☆☆★★     行定勲    2017年

内容はもちろんしょーもない話なのだが、鑑賞の作法として
はもうホラー映画と同じでいいと思う。つまり技術や演出で
観客の心理をいかに動かすかという行定さんの方法論をカッ
トの積み重ねからいかに読み取るかに目を転じると、けっこ
うおもしろかった。

現在の架純ちゃんが前枠、後枠のような感じで始めと終わり
にあり、本編はすべて大学時代の回想。その回想の中に高校
時代の回想が入る。
シャワーのお湯をかけあうラブシーンには思わず笑いそうに
なる。マツジュン、架純ちゃんの服にお湯をかけるんだ! と
念じたけど、行定さんはもちろんそんな演出はしなかった。

それにしても、「許されぬ恋」と宣伝文句には踊るが、許さ
れないことをしてるのはマツジュンだけで、架純ちゃんは別
に悪くないような。教え子の高校卒業の日に教師であるマツ
ジュンがとった行動こそがすべての元凶のような気がしてな
らないのである。そして酔っ払って運転できないだかなんだ
か知らないがいちいち電話してくんじゃねーよ! 代行呼べ。

                                                10.8(日) 新宿ピカデリー


2017年10月20日金曜日

台北ストーリー


☆☆☆    エドワード・ヤン   1985年

こちらはホウ・シャオシェンの系譜を汲む
ような台湾映画の王道の感じだが、そのぶ
んちょっとのんびりしていて、少しウトウ
トてしまいました! まことにすまない。
しかし開き直るわけではないが、これまで
台湾映画を続けて2本観て、寝なかったこ
とは一度もない!

                                     10.7(土) 早稲田松竹


2017年10月18日水曜日

恐怖分子


☆☆☆★★    エドワード・ヤン    1986年

エドワード・ヤンの2本立てを早稲田松竹で。
まずは名作と名高い『恐怖分子』。橋本愛が思い入れのある
3本に挙げていた。ちなみにあと2本は『人が人を愛すること
のどうしようもなさ』と『ゴダールの映画史』。

「恐怖分子」は「テロリスト」のことと思っとけばいいらし
い。のんびりスローテンポな台湾映画とサスペンスがどう融
合するのか注目して観たが、余計な説明を排除してハードボ
イルドなタッチに徹すると思いきや、主役の男の子のおぼこ
い顔に和まされる。でも顔はおぼこいが金持ちの息子で、写
真道楽のために小遣いを持って家を出ているが、やってるこ
とは空き家を借りて暗室にしたり、警察の摘発から逃れる途
中の女の子を隠し撮りした写真を拡大印刷して壁に貼ってい
るというなかなかの変態ぶりである。いくつかのスジが電話
を介してつながってラストに向かうが、あまり説明が無いた
め何が起きているかを理解するのに必死である。
一風変わった台湾映画だった。

                                                      10.7(土) 早稲田松竹


2017年10月16日月曜日

パターソン


☆☆☆★    ジム・ジャームッシュ   2017年

バスの運転手をしながら詩をメモ帳に書き溜めている
パターソン生まれのパターソンさんが映画の主人公。
月曜日、彼が目覚める場面から始まって、その規則正
しい生活を淡々と描写していく。けっこう淡々として
いる。途中からブルドッグのマーヴィンだけが、私を
笑わせてくれる存在として待望されていた(私に)。

しかしマーヴィンの愛らしさもむなしく、アルコール
を摂取していたこともあって、けっこう大事な場面で
わたくし寝てしまいました。ほんとは評価する資格な
いです。猛省しております。

                                         10.6(金) 新宿武蔵野館


2017年10月15日日曜日

【LIVE!】 松元ヒロ


ひとり立ち

こういうの、"スタンダップコメディ"というので
合ってるかな? 最初から最後まで独りで喋る。
政治ネタ、アメリカ旅行(半分仕事だが)の話、
一人芝居、各種とりそろえられていて、飽きさせ
ない。2時間があっという間だった。
なによりヒロさんがバカにする対象を普段わたし
もバカにしてるので、そりゃ気分はいい。

                                      10.1(日) 紀伊國屋ホール


2017年10月14日土曜日

ダーティーハリー3


☆☆☆★★   ジェームズ・ファーゴ   1976年

シリーズ3作目。
今回は、殺人課に異動したての女刑事と無理やり組まされた
らハリーがどうなるかがテーマ。ガッツはあるのだが、いか
んせん現場経験ゼロなのに、いきなり解剖だぁカーチェイス
だぁ銃撃戦だぁ、というハリーのいつものメニューに衝撃を
受ける女刑事。しかし前の部署(記録係)の強みを活かして
役に立ち、その存在をハリーも次第に認めていくという展開
はたしかにお決まりだけども、だからどうしたっていうんだ。

小林信彦がダーティーハリーは1を除くと3がおもしろいと
言っていたと記憶しているが、なるほどたしかに。結末は悲
しいものだが、後味は不思議とわるくない。

                                                   10.4(水) BSプレミアム






<ツイート>
来週月曜からBSで市川崑の金田一を3本放送。
このブログを読んでくれているひとで『犬神家の一族』を
まだ観ていないひとはまさか居ないと思うが、もし観てい
ないならいいから観て下さい。

2017年10月12日木曜日

ロスト・イン・トランスレーション


☆☆☆★★    ソフィア・コッポラ   2004年

不思議に余韻の残る映画だ。
アメリカからCM撮影のために来日した俳優(ビル・マーレイ)
と、写真家の夫にくっついて来日し、毎日暇を持て余している
女の子(スカーレット・ヨハ ンソン)が、ふとしたことから
打ち解け、心を通わせるようになるが…。

新宿の高級ホテルで撮影されたという、外の雑踏とはまるで別
世界のような重厚な空間。それと歌舞伎町の猥雑な風景の対比
がとてもおもしろい、と外国人は思うんだろーけどよ、こちと
ら新宿の近所に住んでる俺には別にどうってことないね、と、
観ている間は思っていたのだが、何日か経つと不思議と映画の
中の風景が自分の中にしっかり根をおろして息づいているのが
分かる。ビル・マーレイの醒めた目で見渡した東京は寒色系の
トーンでまとめられてよそよそしいが、同時に奇異で滑稽で活
気がある。ラストの空撮が効果的である。

                                                    10.3(火) BSプレミアム